サプリメン

アスコルビン酸で酸化を予防【低価格だから毎日飲める】

鮫の生命力を利用した肝油

なぜ効くのか

サプリメン

鮫肝油は、水深1000mもある深海にすむ鮫の肝臓からつくられます。この水深には深層水と呼ばれている温度の低いほとんど汚染されていない上質な海水が流れています。しかし、深海は暗く酸素も少なく水圧が高いので、そこに生きている生物にとっては過酷な環境でもあります。この深海にすむ鮫の肝臓は、過酷な環境で生きていくために体重の2、3割を占めるといわれ、その肝臓に含まれている肝油が生命活動を続けるために大きな役割をしています。鮫肝油の成分は、スクアレンという物質が多く、他にもビタミンA、Dなども含まれています。このようにスクアレンとビタミン類の相乗作用で人の健康や美容に良い効果があります。それで、鮫肝油は、サプリメントや化粧品に使われるわけです。

スクアレン

鮫肝油の主な成分であるスクアレンは、体内の酸素供給能力を高める性質があるため、健康や美容に良いのですが、ひとつ欠点があります。それは、酸素と結合しやすいところで、いわゆる酸化しやすいということです。そこで、空気に触れないように加工してサプリメントの成分のひとつとして使われたりします。化粧品などは、どうしても空気に触れやすくなりますので、スクアレンを化学変化させたスクアランという物質を使います。実のところ人の体内でもスクアレンは生成できますが、年齢を重ねますと生成量が少なくなりますので、鮫肝油のサプリメントなどを摂取することで、体を若い時と同じような状態にできます。このように鮫肝油は若々しさを保つ効果も期待できます。

Copyright©2015 アスコルビン酸で酸化を予防【低価格だから毎日飲める】 All Rights Reserved.